新着
コラムへ
電話占いコラム
ここでしか読めない電話占い師監修のお役立ちコラム
2018-10-19 09:00

恋愛には占い

恋愛
目次
その1:ヤキモチ焼きの恋愛
その2:恋の予感
その3:恋愛体質でない人の恋愛
その4:ソウルメイト探し
その5:どうせ私なんて症候群
その6:恋をしていたい病
その7:中高年の恋心(エピソード)

選択すると各項目へ移動できます


恋愛には占い。
占いは恋愛とは切っても切れない関係。
様々なエピソードからひとつひとつ紐解いていきます。

その1:ヤキモチ焼きの恋愛
相性

恋愛をすると、
焼きもち焼きで、携帯をこっそり見たり、疑い深かったりする人いますよね。
自分から、好きとは言わず、なにを考えているかわからない。
けれども、執念深く、独占欲の強い人。
でも、そういう人は、二俣かけたりせずに、
一途に愛して、しがみついて来てくれる人だったりします。
そういうパートナーに、あなたが重荷に感じてしまうようでしたら、
あまり相性が良くないのかもしれませんね。

こじれる前に一度ご相談ください。

その2:恋の予感
因果関係

「ある日突然♪♪」ときめいて、「ああ、恋かしら」と、シンデレラの気分!
この人こそ、待ちに待ったソウルメイト? しばらく、酔いしれていたいですね。
でも、何だか思うように進展しない! 何か、思ったのと違う!
そういう時は、要注意。
様々な因果関係による人間関係のやり直しになることがあります。
注意深く観察してみましょう。

占いは、人間関係を紐解く貴重なツールです。

その3:恋愛体質でない人の恋愛
対人関係

世の中には、あまり恋愛体質ではない方がいらっしゃいます。
同性の友人とばかり遊んでいたり、趣味やスポーツに、のめり込んでしまう方。
そんな人に恋心を抱いてしまったあなた。
休日なのに連絡もないし、どこへ行ってるのだろう。浮気してるのかしら。
イマジネーションは膨らみます。
ですが、心配ご無用。
相手の趣味に合わせて、一緒に楽しむくらいのゆとりが大切です。
スポーツ観戦、ゲーム、旅行、音楽など。
共通する趣味がない場合は、お互いを尊重して自分の時間を大切にしましょう。

お心あたりのある方は 一度相談してみませんか。

その4:ソウルメイト探し
ソウルメイト

ソウルメイト探しをされている方が多いと思いますが、
私たちは、時代ごとにグループで転生することが多いのです。
ですから、会った時に、前から知っていたような懐かしい気持ちになるのは当然です。
前世で成就できなかった想いを完結するために出会う場合もありますし、
あまり良くないカルマ(貸し借り)の精算の為に出会う場合もあります。
大抵の場合、
最初は恋愛という形で始まり、後で傷つけあう形になってしまうことがあります。
純情で、この世にないような愛を追い求め続ける方を、時々お見受けします。
のめり込んでしまって泥沼に陥らないように、
予め占いで調べてみるのも良いかもしれません。

お互いの魂の成長を助けあう形の「魂の伴侶」にめぐり逢えたら幸せですね。

その5:どうせ私なんて症候群
運勢

恋愛でやっかいなのは、自分は、愛される価値がないと思い込んでいる人。
自分なんて、どうせと思い、いつも上手くいかない恋愛ばかりを追い求めてしまう。
そして、やはり自分はダメなんだと認識を新たにして、独身生活を送り続ける。
そんな彼を、一途に愛してしまった女性は、
屈折した彼を、癒していく使命を与えられたかのように献身的になるが、
彼の心がほどけてくるのを待つしかない。
いつ、心を開いてくれるかわからないひとを、ひたすら待ち続けている。

あなたのお相手は、大丈夫ですか?

その6:恋をしていたい病
星の動き

よくあるケースですが、恋愛ごっこの好きなタイプ。
結婚にはなかなか踏み切らずに、いつまでも恋をしているのがお好み。
でも、巡る星の動きでズルズルした関係が泥沼化したり、自然消滅してしまったり。
そういう方でも、タイミング良く結婚される場合があります。
でも、結婚して恋愛ごっこの病いが治まったわけではありません。
「恋をしていたい病」は潜伏していて、また頭をもたげてきます。
配偶者がいても、子どもがいても関係ありません。
また、新たな恋を求めて彷徨ってしまいます。

パートナーに心当たりのある方は、ご相談に乗りますよ。

その7:中高年の恋心(エピソード)
恋愛運

ある日、70代の女性が占いに来られた。
恋愛運が際立って良かったので、「来年、楽しいことがありそうですよ。」
と何度も言いながら、年齢から推測して、今後の人生とか、健康についてお伝えした私。
一通り喋り終えたが、その女性は席を立とうとせずに、もじもじしていらした。
ゆっくり立ち上がって、「出会いがあるかしら」と、一言。
先程、「来年、楽しいことがありますよ、と申し上げてます」と私。
もっと早くに、恋愛運がいいですよ。と言ってあげたら良かった。
 
いくつになっても、独りは淋しい。色気のある人は素敵かも。


このコラムを書いた占い師

華沢先生 ハナザワ
華沢先生
「人のお幸せの価値観も様々です。どんな形の愛だって、人を愛する気持ちは純粋なものなのよ」 と不倫やどのような問題にも偏見なく、親身に寄り添ってくださる広いお心で、対面鑑定でも数万人の人生を導いてこられた実績は揺るぎないものがあります。 「そんなに頑張らなくていいの」とお優しい言葉をかけてくださり、愛ある鑑定、祈願祈祷で多くの方が、救われたことでしょう。 華沢先生であればこそ、そのアドバイスや言霊力には、運命を好転させる程のエネルギーが宿っており、その鑑定力と信頼度に勝るものはありません。
⇒詳しいプロフィールはこちら

ページトップへ戻る

Copyright(C)2018 VERNIS All Rights Reserved