占い師インタビュー

先生方の占い師になったきっかけやエピソードを突撃取材

  • 占い師になった理由は? 「占い」との出会いは何ですか?

    もの心をついた頃から会話をしていたり、手紙を読んだりする中で、お相手の感情が伝わってくる自分に気づき始め…
    ある時、一世一代の賭けを余儀無く迫られピンチに陥った時、コインを投げ、表裏で決めようと思いました。
    そのコインが空中に投げられた瞬間、自分の脳裏・目の前にスローモーションのクルクルとコインが舞い落ちる映像が見え、救われたのが不思議な世界の始まりであったのかな?と思います。
    その後、気にもせず過ごしていたのですが、ある日、素敵な心の広く薄紫の霊能者さんとのご縁をいただき、『たくさんの方を救い、導く使命をもっておられる』との言葉を何年もの間、かけていただき占いのドアを開かせていただきました。

  • ご自身のことを占いますか?

    占いません。
    必要な時には、視ていただきます。
    ただ、自分が欲しい情報や、物については、メッセージが降りてきて、その場所に行く事になり手に入れる形となります。

  • 得意なご相談内容は何ですか?

    人間関係、恋愛と祈願祈祷です。

  • 鑑定スタイルやこだわりを教えてください。

    常に神様が視てくださっているという空気の中、鑑定前には必ず口を清めさせていただき、お客様との会話の中から、波動&波長を受け取り合わせ、天からのメッセージをお伝えさせていただいてます。

  • 占いに必要な情報は?相手の生年月日が分からなくても大丈夫ですか?

    必要はありません。私の場合は鑑定中ではなく、祈願祈祷の際に必要となってきます。

  • 占い師になってよかったと思うエピソードを教えてください。

    お客様が察して欲しい部分に気持ちが触れ、解き放つ事が出来た時、お客様からのお気持ちをいただいた時には、私も心が暖かくなります。