今すぐ無料相談 最大2000円分無料!
電話占いヴェルニTOP 妃天先生 プロフィール 妃天先生 インタビュー

占い師インタビュー

先生方の占い師になったきっかけやエピソードを突撃取材

妃天先生

妃天先生のプロフィール写真
  • 占い師になった理由は?「占い」との出会いは何ですか?

    全く『占い師』になる気もないまま導かれ、『何だか呼んでいる…』という感覚から流れに従ったことで、千里眼に辿り着きました。

    しかしながらその後、ここへ導かれることが生まれたときから決まっていたんだという過去との答え合わせが巻き起こりました。

    鑑定スタイルや与えられる呪術、全てメッセージから受け取ったオリジナルのものです。

  • ご自身のことを占いますか?

    子供の頃から視みえてしまうので、あえて占う必要も無いことが多いです。
    ただ、迷った時に『聴く』ということが日常として自然とできていて、必然とメッセージが降りて来る感じです。
    メッセージのお題と回答が繋がったとき、『あぁなるほど〜』と自分に落とし込んでいる毎日です。

  • 得意なご相談内容は何ですか?

    元来、地位や名誉などあまり気にしないので、偏見が有りません。
    どのような問題や状況にも対応させていただいております。
    今までの相談内容で、不倫、復縁、恋愛、同性愛、職場や家族の人間関係、仕事運、などなど…
    多種多様ですが、霊感霊視を使っての鑑定なので統計学術的な占いとは違ってお一人お一人の魂レベルの思念を読み取ったりメッセージを降ろしたり、故人交信、恋人交信、守護霊対話、除霊、浄霊、などの見えない世界とのアクセスを得意とします。
    また、言霊の『ひびき』を使ったカタカムナウタヒによる松果体覚醒の波動修正は不思議な感覚を味わえて、その後その人それぞれに必要な気づき、変容が現れ幸運体質へと導きます。
    第六感や潜在意識に働きかけ『本来持つべき自分の能力』を目覚めさせます。
    何が起こるかは人それぞれ…どんな変化がおきるかは… 楽しみにしておいてください。

  • 鑑定スタイルやこだわりを教えてください。

    『出雲族式霊能鑑定』は妃天がご先祖様から受け継いだDNAからのメッセージにより与えられた鑑定スタイルになっております。
    主に霊感霊視霊聴からくる鑑定の中で、『宇宙の法則』をお伝えすることによって生きやすさを得られるようになっていただいたり、日本古来の古神道、陰陽道、カタカムナ文明からくる『言霊のひびき』を使って松果体を覚醒し、波動修正することにより『本来持つべき自分の力』を遺憾なく発揮できる状態へと波動を上げます。
    皆様を妃天の霊力をもって幸運体質へと導きます。

  • 占いに必要な情報は?相手の生年月日が分からなくても大丈夫ですか?

    本人の魂、思念に繋がるための情報としてお名前と、生年月日 (年齢)をお伺いします。
    他に視てほしい対象のお相手がおられる場合はお相手の方もわかる範囲での同じ情報をお願いしています。
    何より大事なのは、妃天が魂の思念に入り込みやすいように、心を開いていただきたいのです。
    疑心感や警戒感などから『言いたくない』『試してやろう』という思念がでていると心の鍵が掛かっていて繋がることが難しくなってしまいます。
    ぜひ信頼して安心のもとご依頼くださることをお願い致します。

  • 占い師になってよかったと思うエピソードを教えてください。

    『沢山の先生に鑑定してもらったなかで一番良かった』と言ってくださるお客さまに出会えたときや、『どこに行ってもスッキリできずにいたことが、やっと、救われた』『先生みたいな人にもっと早く出逢いたかった』などと涙を流して嬉しいお言葉を頂戴したときや、『願いが叶った!』『嬉しい変化がおきた』『波動修正が凄すぎる』『身体が軽くなった』とお客様自身が不思議な体験や幸せになられたご報告を受けたときそれが妃天の喜びと感謝と幸福感に変わります。
    益々妃天のエネルギーが高まりそれを再びお客様へお返しするという無限のルーティーンとなっております。
    まだまだ妃天は成長中!!エネルギーと霊能力の高まりが更に加速するためにも皆様が妃天の力がどのような変容をもたらすかの『生き証人』になってご報告くださいますようお願い申し上げます。
    〜あなたの幸せをお祈りして〜
    『ここが貴方のパワースポットです』

占い師インタビュー一覧に戻る
お問い合わせ
サポートセンター受付時間 AM9:00-翌AM5:00 年中無休
電話占いヴェルニサポートセンター電話番号0570-006-550
当社では、お客様からお預かりしている個人情報を適切にお取り扱いいたします。