愛し愛される能力を妨げる心理的問題

あなたは今、恋をしていないと言って、
ただふりをしているだけではありませんか?

それとも、愛はばかげていると思っていませんか?

あなたは本当に愛を必要としない、あきらめているのでは?

心理学的に言えば愛が必要です。

愛をシャットダウンすると、孤独感だけでなく、うつ病、不安、免疫システムの低下につながる可能性があります。

ですから、愛することができないと決める前に、これらの心理的ブロックが本当の問題であるかどうかを考えてください。



~ 愛し愛される能力を妨げる心理的問題 ~

~親密さへの恐れ~
あなたが自信を持って前向きな関係にあるように思っているからといって、相手の親密さへ恐れ苦しんでいるという意味ではありません。

私たちが相手に弱点と心配事を示すのに十分なほど信頼しない限り、愛は発展しません。

ですから、親密さへの恐れは、すべての人に完璧に見られることへの恐れであり、不完全であると見られる恐れでもあります。



~低い自尊心~
「愛するのが難しい」「私にはあまりにも多くの問題がある」などの考えが時々頭に浮かびますか?

あなたはしばしば欠陥、醜い、または役に立たないと感じていませんか?

自尊心が低いということは、自分が他の人ほど良くない、または自分に問題があり、修正できないと感じていることを意味します。

自尊心に苦しむのは普通ですが、本当に自分が無価値だと感じた場合、それはあなたを愛することよりもあなたを利用する誰かを引き付けるか、あなたが愛から身を隠すかもしれないことを意味します。



~依存関係~
依存とは、自分自身で人生を管理することはできず、他の人に世話をしてもらう必要があるという中心的な信念を持っている場合です。

あなたはあなた自身の状況を見ることができません。

それは過去あなたが一人立ちすることを強く批判され、落胆したりしたことを意味するかもしれません。



これらの問題を自分のものとして認識することで状況は変わってきます。