仕事のストレスとその改善方法を考える!

仕事や職場などではストレス(フラストレーション)が溜まりやすい環境です。

その原因は人間関係や仕事への悩みからストレスが起こりやすく、

また閉鎖的な環境であること、

周囲の上司や部下なども基本的には赤の他人であること、

性別、性格、気質や言動などもまったくことなる為、

気付かないうちにストレスが蓄積していく、蓄積していることが多い様子です。

ストレスとはいったい何なのか…。

ストレスとどう向き合えばいいのか…。

ストレスを解消するにはどうすればいいのか…。

以下で確認していきたいと思います。

俗に言うストレス、所謂フラストレーションとは

フラストレーション

●ストレスの定義として

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。つまり、日常の中で起こる様々な変化が、ストレスの原因になるのです。たとえば、進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事でも、変化であり刺激ですから、実はストレスの原因になります
‘。(引用文:厚生労働省)

ストレスは人やその経験によって感じ方が大きく異なってきます

例えば、Aさんは雨が嫌いです。雨が降っているだけで何もしたくありません。Bさんは雨の日が大好きです。

両極端な二人ですが、Aさんは雨が降る事で多少なりともストレスを感じ、Bさんはまったくストレスは感じません。

ストレスレベルは考え方や状況をどのように自身でサポート、対応するかだけで軽減させることができます。

ストレスに影響を与える可能性があるものとして6つ下記のことが挙げられます。

・要求
・コントロール
・サポート
・関係
・役割
・変化

これらを適切に管理していくことでストレスを軽減させ、バランスを保つことができます。

職場ではストレスを管理するために、これらの分野のリスクを適切に評価する必要があります。

ストレス症状とその前兆(サイン)

ストレスは病気ではありませんが、ストレスをため込み過ぎると病気になる可能性があります。

●ストレスの症状

・体がだるい
・食欲がない
・気が落ちる
・イライラや葛藤
・幻聴
・幻覚
・疲労感がある
・お腹が痛い/調子が悪い
・パワー不足
・睡眠が少ない/不眠
・動悸や息切れ

これらを放置しているとこの症状以上に体調を崩し兼ねません。

この前兆としては下記に注意していく必要があります。

・体調の変化
・感情の変化
・ぼっち行動
・ひとり言
・私生活の乱れ
・ミスなどが増える
・服装など身だしなみの乱れ
・表情が暗い
・遅刻や欠勤などが増える
・他人の視線が気になる
・落ち着きが無くなる(イライラ)
・攻撃的になる

ストレスの前兆を認識することで、早い段階での管理、改善措置を講じることが出来ます。

ストレスの改善方法

早い段階でストレスに対する問題に取り組むことで、その影響力は低くなります。

職場でのストレスは、健康へのリスクをしかりと評価していく必要があります。

ストレスは適度に発散していく事が必要ですが、個人的には人道的な対応が必要になってくると思われます。

その前に個人でのストレス発散方法を身に付けておくといいかもしれません。

●ストレス発散方法

・体を動かす
・血糖値を上げる
・睡眠をとる
・日光浴をする
・好きな事をする
・人と沢山話す(相談する)
・大声をあげる(吠える)
・高価なものを買う
・お金をたくさん使う
・爆買いする