先生方の占い師になったきっかけやエピソードを突撃取材

  • 占い師になった理由は? 「占い」との出会いは何ですか?

    元々感受性が人より強いという自覚はありましたが、気にかける事もなく、過ごしてきました。
    30代半ば頃に、現在の師匠との出逢いがきっかけで、使命に気づかされ、自分の能力と向き合い、
    修行を重ね、コントロールできるようになりました。
    それからは、気がついたらご縁が広がっており、現在に至ります。

  • ご自身のことを占いますか?

    自分自身の事は占いませんが、方位学も習得している為、
    何か決断をする時や節目の時などには方位を気にかけています。

  • 得意なご相談内容は何ですか?

    恋愛、人間関係、仕事等々、人の気持ちが関わるもの全般です。

  • 鑑定スタイルやこだわりを教えてください。

    お名前や生年月日から入ってくるメッセージと、カードや命術を組み合わせ、
    多角的な鑑定を致します。
    また、ご相談者様が電話を切る時には笑顔で明るい声になってもらえるような、
    明確で実践しやすいアドバイスを心掛けております。

  • 占いに必要な情報は?相手の生年月日が分からなくても大丈夫ですか?

    お名前や生年月日を文字にし、視覚を通して入ってくるメッセージや情報があるので、
    可能であれば、お知らせいただけると、より的確にお相手の方の心を捉える事ができます。
    但し、分からなくても鑑定は可能です。

  • 占い師になってよかったと思うエピソードを教えてください。

    クライアント様から、アドバイスを実行した事で、望んでいた以上の人生(幸せ)を歩む事ができたと、
    報告をいただいた時は、毎回心が洗われます。
    このような時こそ、使命を全うできるよう日々精進し、感謝の意を忘れないようにとの、天(高次元)から私へのメッセージだと解釈しております。