「“井の中の蛙”にならないように」

いつも皆様とのご縁に感謝いたしております。ヴェルニ専属占い師の「多寿」です。
今回は、復縁のご相談をいただいたときに思い浮かぶことわざをテーマに書こうと思います。

思いが強いほど「井の中の蛙」のように復縁したい

「井の中の蛙大海を知らず」

有名なことわざです。意味絵を調べると、

・見識が狭いこと

・考えが浅はかである  等

ネガティブな言葉が出てきます。(復縁を望むことが浅はか、とは思っていません。誤解のないように)

自分から見限って別れたのなら、思いは残らないでしょう。

しかし、一時的な怒りで別れを言ってしまった、お相手から一方的に別れを告げられた、などというときは、あきらめきれない思いが心を締め付けるでしょう。

思いが強いほど、「井の中の蛙」のように復縁したいとの思いで心がいっぱいになり、なんとか元に戻りたいと思うのは自然なことです。

別れてしまったお相手の好きなところ、二人で作った思い出に囚われて、もの思いを「井戸の中」にはりめぐらし、外の世界を見ようとしない。

いえ、見ることができなくなるのです。

井戸の外に出ると・・・

鑑定をさせていただき、可能性がある場合は「どうしたらよいか」「どのタイミングで行動に移せばよいか」など答えさせていただきます。

ですが、希望がない結果が出ることも少なくありません。

お相手の気持ちが離れてしまった、もう既にほかに好きな人がいる。または、無理に復縁しても、同じことの繰り返し、いずれ別れることになる、といった場合は、新しい道を進んでほしいとお話しするのですが、すぐには思いを変えられませんよね。

私にもそのお気持ちはよくわかります。失恋の辛さは知っていますから。私もふられた時、好きなのに将来性が感じられなくて自分から別れを告げたとき、それは辛いものでした。

何も食べられず、一週間で5キロ痩せた、なんてことも一度や二度じゃありません。

[ですがその後の一週間で6キロ太りました。プラス1キロ(笑)]

でもその辛さを乗り越え、違う道に目を向けた時、毎日が輝きだすのです。井戸の外に出るのです。

失恋の先に掴むもの

ことわざに戻りますが、

「井の中の蛙大海を知らず」

有名なのはここまでなのですが、実はその先があるのです。

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る」

ネガティブなことわざの最後には、ポジティブな言葉が続くのです。

「空の深さを知る」「愛の深さを知る」に置き換えられるのではないかと、私は思うのです。

失恋はつらいものです。でも一途に人を想った、真剣に恋をした、心から愛したその心は、真実の幸せを掴みとるためのパスポート、とも思えるのです。

心に人としての深み=財産が残ることだと思います。

たくさん恋をしてください。失っても、立ち上がってください。そしてまた、笑顔を取り戻してください。

私は心をこめて、そのお手伝いをさせていただきます。

最後までコラムをお読みいただきましてありがとうござます。
復縁でお悩みの際は多寿にご相談くださいませ。

この記事を書いた占い師さん

先生からのメッセージ:

​プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。

私自身も過去に辛く苦しいときもありました。

乗り越えられたのは自分の力だけではありません。

占いや周囲の方との良縁をいただき救われました。

ご相談者様の苦しみや悲しみ、暗闇から抜け出せない状況に陥ってしまった方に

寄り添い、今度は私が力になりたい。

悩みに憂いだお顔を、笑顔にしてさしあげたい。

道に迷い、行き先を見失った方の道しるべとなりたい。

タロットカードと出会い多くの方を鑑定し、力をつけて参りました。

それに祖母から受け継いだ霊感と人生経験を合わせ、

細やかに、鑑定させていただきます。

【得意な相談内容】
相性  結婚  離婚  復縁  略奪愛  不倫  縁結び  年の差  遠距離  同性愛  三角関係  前世  金運  仕事  対人関係  家庭問題  子育て  運勢  開運方法