今すぐ無料相談 最大2500円分無料!
電話占いヴェルニTOP 玲愛先生 プロフィール 玲愛先生 インタビュー

占い師インタビュー

先生方の占い師になったきっかけやエピソードを突撃取材

玲愛先生

玲愛先生のプロフィール写真
  • 占い師になった理由は?「占い」との出会いは何ですか?

    幼少期より霊感があり、いろいろな場所で亡くなられた方を見てきました。
    大人になってからは、そんな見える霊達との間にメッセージ性が加わったように思います。
    友人や職場で会う人に憑いている霊がその方に話しかけているけれど、その方は気づいていない。そして、霊の方から私に「伝えてくれ」と言ってくる。でも私は、変に思われても困ると思い「言っても信じてくれないと思う」と、しばし霊と押し問答で。
    そんなある日、友人の亡くなられたお父様が私に「ごめんね」と友人に伝えてくれと友人の隣で言っていたんです。
    理由はよくわかりませんでした。でもこれは伝えた方が二人にとって良いのかもしれないと思い、友人に思いきって伝えることにしました。
    そうしたらその友人が突然泣き出し、「お父さんの気持ち、知れて良かった。どうもありがとう。」と。
    否定されるどころか受け入れられ、非常に感謝されました。
    それからというもの、自分の感覚が役に立つこともあるのかもしれないと思い直すようになりました。
    タロットとの出会いは、ふと立ち寄った本屋さんです。
    占いとは関係のないある本を探していたのですが、探していた本の本棚の隣りが占いコーナーで、そこでタロットが売られているのを目にしました。実はそれまでタロットなどで占ってもらったことがありませんでしたので、どういったものかはよく知りませんでした。結局探していた本はその本屋さんになかったので残念に思ったのですが、ただ何も買わずに帰るのもなんとなく気が引けたので、代わりにそこにあったタロットを軽い気持ちで買って帰りました。
    そして添付書に書いてある通りカードをシャッフルして、1枚引いてみました。その後何度やってみても同じカードしか出ないんです。これはどういうことだろうと不思議に思いました。そしてカードの意味を調べていくうちに興味をもったのがきっかけです。
    イタリア留学時代、人物描写やギリシャ神話などの絵画をみて、絵に描かれている人物や画家と対話するようなそんな感じが大好きで、ヨーロッパの美術館をまわっていました。
    タロットはそれに近い感覚もあったのかもしれません。
    最初は占うというより、カードの種類や意味を自分なりにインプットするのがすごく楽しかったです。それから少しずつ、霊と話をし、カードで未来をみるということが日常になりました。
    霊の方はなにもなければ特に強いメッセージなどをもたないことも多いので、細かく表現してくれるカードは助けになりますし、カードが自分の占術に加わったときに、ちょうど私の話を聞いた知人から対面で占いをやってみませんかと話を戴いたのがきっかけで、対面鑑定を始めるようになりました。
    その後、鑑定に幅を広げるため数秘術や四柱推命、西洋占星術も学びましたが、私の鑑定で一番メインで使っているものは霊との対話と、タロットになります。

  • ご自身のことを占いますか?

    占いとは少し違うのかもしれませんが、もともと自分に憑いている生き霊や霊の方と日常的に会話をしています。
    なにかを決められない時は、保留にしておいてある日閃くようにして直感が出た時に決めることが多いです。
    占い師というお仕事のお話をいただいた時は、専門職に長くついていたこともあり新しい世界でやっていけるのだろうかと最初不安に思い迷いました。
    でもちょうどその頃、朝出勤途中歩いていると、突然道いっぱいに大きな力強い青い矢印が宙に浮かんで現れて、それに飛び乗るように言われている気がしました。
    それで、もう迷うのをやめて、占い師のお仕事のお話をお受けすることにしました。
    それからたくさんのご相談者様に出会い、鑑定を通して今まで知らなかった光や勇気、優しさなどを一緒に体感させていただきました。
    今思えば、それらの経験が後にヴェルニさんに入るきっかけにもなりましたので、とても良い選択ができたと嬉しく思っています。

  • 得意なご相談内容は何ですか?

    恋愛全般、気になる人との対話、帰らぬ人との対話、人間関係や家族関係、人や仕事やお金からモテルためにご相談者様がするとよいこと、自己啓発、ブロックの解除などが得意です。
    対面鑑定の時は会話をしながら、ご相談者様の波動の調整や浄化、エネルギーの補充にも時間いっぱい力を入れていましたが、お電話ではスピードが求められますので、まずはご相談者様からのご質問にお答えすることに注力しています。
    それと同時に今後そういうことが出来たらと思っています。

  • 鑑定スタイルやこだわりを教えてください。

    まずお名前をお聞きしています。
    生年月日はご相談者様のお声をもっと聞きたい時に聞くことがあります。
    それからご相談者様のお話を聞きながら、ご相談者様がお知りになりたいことを、ご相談者様のまわりにいらっしゃる方や、タロットを使ってみさせていただきます。
    御縁には、繋がると良いものと、繋がっていなくてもよいものがあると思っています。
    ご相談者様の生涯にわたってプラスになるような鑑定を心掛けています。
    また、答えはご相談者様の御心の潜在意識のなかにある場合もあります。
    そしてそれは単刀直入にお伝えしたとしてもご納得いただくには難しい場合があります。
    そんな時はご自身で気づけるようにサポートしていくことを心掛けています。
    人生には、楽しいことばかりでなく、つらい時もあります。
    そんな時に、寄り添って苦難を一緒に乗り越えてゆける存在になれたら嬉しいです。

  • 占いに必要な情報は?相手の生年月日が分からなくても大丈夫ですか?

    ひらがなでもよいのでお名前をお聞きしています。
    生年月日は時々御尋ねすることがあります。
    気になる方の生年月日はわからなくても大丈夫です。

  • 占い師になってよかったと思うエピソードを教えてください。

    合否はみませんが、医学部受験に失敗されたお子さんをもつお母様からの要望で、月に一度、お母様を通してそのお子さんのお気持ちをリーディングしてお母様とお子さんとの関わりをサポートさせていただいたことがありました。
    結果、「合格しました!しかも授業料全額免除枠で合格です!」とご報告があった時。

    離婚してトラウマがあるからもう結婚どころか恋愛もできないと泣いていた方から、結婚前提にお付き合いしている彼氏が出来ましたとご報告があった時。

    仕事を辞めてこれからどうしていいのかもわからないと言っていた方から、好きな職を見つけて就職しましたとご報告があった時。

    人間関係が悪く社員となかなか会話が出来ないという会社の経営者より人間関係をどうしたら良くなるかというご相談で、社内の雰囲気が変わり社員から話しかけられるようになりましたと喜ばれご報告があった時。

    自分に自信がもてず出会いもないからもう一生ひとりで生きていいくのかなと言っていた方から、彼氏ができました!とご報告があった時。

    優しくていい人なのでお付き合いしても大丈夫かみていただきたいとご相談にこられたので鑑定したところ怒鳴り声がするのでおすすめしないとお伝えしたのですが、そういう人ではないので大丈夫ですよと結局お付き合いされたところモラハラとパワハラがひどく怒鳴るようになったので、先生に言われたことを思い出し大きな被害を受ける前にお別れすることができましたとご報告があった時。

    世界の見え方がまるっきり変わりましたと言うその方の目が、大きく開き輝き始めたのを見た時。

    ご相談者様と一緒に泣いて、それが後でガッツポーズに変わった瞬間、なんとも言えない喜びが体中をかけめぐり、思わず私も一緒にガッツポーズしてしまいます。
    そんな時、占い師になってよかったと心から感じます。

占い師インタビュー一覧に戻る
お問い合わせ
サポートセンター受付時間 AM9:00-翌AM5:00 年中無休
電話占いヴェルニサポートセンター電話番号0570-006-550
当社では、お客様からお預かりしている個人情報を適切にお取り扱いいたします。