新着
コラムへ
電話占いコラム
ここでしか読めない電話占い師監修のお役立ちコラム
2018-06-13 17:43

占いの種類について

キーワード 占い
占い
目次
・卜占
・命占
・相
・霊感霊視
選択すると各項目へ移動できます

占いっていろいろありますね。

私の専門はタロットと数秘術になりますが、占術にはどのようなものがあるのか、簡単に書いていきたいと思います。

占いには、大きくわけて「卜占(ぼくせん)」「命占(めいせん)」「相(そう)」とあります。

卜占
タロットカード

卜占とは、東洋系では易、西洋系ではタロットが有名です。主に、細かいことや身の回りの事を占うのに適していると言われています。

占者のリーディング(解釈)によって、結果に影響を及ぼしますが、熟練した占者であればかなり広い範囲まで占う事も出来ます。

気学や奇門遁甲は、方位術と言うくくりの場合と、卜占の仲間に入れる場合がありますが、私的には卜占の仲間で良いと思っています。

命占
星占い

命占とは、東洋系であれば四柱推命、西洋系であれば占星術が有名ですね。その他には紫微斗数、算命学、数秘術などがあります。

基本的には、生年月日などからその人の生まれもった資質や傾向、人生の流れなどをみていく、ある意味宿命的なものを見る占いだと思います。

統計学的な面を持っているとも言えますね。


は、手相や人相、風水などがあげられます。ものの姿や形を観て吉凶占います。
それぞれに特徴がありますし、どれが一番良いと言うのは言えません。

自分に合う、合わない、その時の状況や事柄で使い分けるのも一つのテだと思いますね。

ところで、「霊感・霊視」はどの分野に入るのか?こうやって括ってみると正直どこにも入らないですね。

霊感霊視
霊感霊視

霊感・霊視は、いわゆる「占術」ではないのかも知れません。

霊能者は、世界各国にいらっしゃいますし、日本では恐山の「イタコ」、沖縄では「ユタ」と呼ばれる方が有名です。

恐山のイタコさんには、以前お会いした事があり、そのオーラに圧倒され神がかり的なものを感じました。

沖縄には、海底遺跡と呼ばれるものがあり、霊能者のパワースポットです。もちろん、海を潜らないとその場所には行けないのですが、数多くの霊能者が毎年エネルギーチャージのためにその海の底を訪れます。

私も3年ほど前に行きました。地上のパワースポットにはないエネルギーがそこにはありました。

沖縄の「ユタ」さんとはきちんとお会いしたことがないので、次回は是非ユタさんの元も訪れてみたいと思います。

このコラムを書いた占い師

ティア先生 ティア
ティア先生
海外で習得した魔女術とタロット、そして代々受け継がれた霊能力を組み合わせ、15年以上多くの人を救ってこられました。
中でも仕事や恋愛鑑定を得意としています。数々の占術をお持ちですので、霊感で感じ取った相手の気持ちを心理学的に分析し、的確なアドバイスを下さいます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ページトップへ戻る

Copyright(C)2018 VERNIS All Rights Reserved