無財の七施(しちせ)

占い 布施

初めましてヴェルニの龍香天と申します。

皆様は寄附或いは施しなど、気が重くあまり考えたりはしたくないですよね。

でも、仏教にはお金はかからず自分も幸せになれる、と言う。

「無財の七施」と言うお布施があるのです。

無財の七施(しちせ)

1 眼施(げんせ):いつも優しい眼差しで人に接する。
2 和顔施(わげんせ):いつも笑顔で接する。
3 言辞施(ごんじせ):優しい言葉で接する。
4 身施(しんせ):困った人を見たら助けてあげる。
5 心施 (しんせ):他のひとの為に心を配る。
6 床座施(しょうざせ):席や場所を譲る。
7 房舎施(ぼうじゃせ):訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを行い労をねぎらう。

1.眼施(げんせ)

「目は口ほどにものを言う」とはよく謂われるように、お相手の目を見て話していると、その人の表情や感情、思いがある程度みてとれます。

どんな状況でもお相手を思いやる、気遣う心で見つめると自然とその眼差しは優しくなります。

人はそれで警戒心を緩め、安心します。

目を通してお相手に心が伝わり、気持ちを理解して、お互いが打ち解けることができることでしょう。

2.和顔悦色施(わげんえつじきせ)

顔の表情はその人の気持ちや感情が現れみてとれます。

そして笑顔を見ると幸せな気持ちになり、周りにも笑顔が派生していきます。

生きていると腹の立つこともたくさんありますが、普段の生活や暮らしの中ではいつもなごやかで、穏やかな笑顔を絶やさぬよう心掛けましょう。

メールやチャットなど絵文字や顔文字にも一工夫してみてください。

3.言辞施(ごんじせ)

言葉は相手を喜ばせたり、楽しませたり、悲しませたり、怒らせたり、傷つけたりする場合があり、人とのコミュニケーションをとる大事な役割があります。

何事にもあいさつや感謝の言葉を忘れず、優しい言葉で接していきたいものです。

4.身施(しんせ)

お年寄りや体の不自由な方の荷物を持ってあげたり、困っている人を助けるなど、自らの身体を使って奉仕すること。

心の中でどんなに良いと思っていても、行動しないと意味がなく、思いついたら行動あるのみ。

自ら進んで誰かの為に尽くしてあげましょう。

相手が喜び、感謝する事で、自分自身の心も高められ徳を積むことに繋がっていきます。

5.心施(しんせ)

気持ちや心の持ち様で物事の見方が変わってしまうのと同様に心はとても繊細で言葉遣いや態度にも出てしまいます。

自分だけが良ければと言う自己中心的な考えではなく、喜びや悲しみ、痛みや苦しみなども分かちあえれば、慈悲の心や思いやりなど自然と優しい表情がみられることでしょう。

6.床座施(しょうざせ)

「どうぞ」とお年寄りや体の不自由な方などに席を譲ることです。

座席だけでなく、全てのものを分かち合い、譲り合う心が大切であるという意味も含んでおります。

何事も独り占めをしてはいけません。場合によっては自分の地位を譲って後のことを託すという意味も含まれるでしょう。

7.房舎施(ぼうじゃせ)

「お接待」(おせったい)という習慣は四国ではまだお遍路さんをもてなす行為として残っています。

家に人を泊めてたり、休息の場として来客を温かくもてなすあたたかくおもてなしをしましょう。平素から喜んでお迎えできるように家の整理整頓や掃除も心がけたいものです。また、軒下など風雨をしのぐ所を与えることや、雨の時に相手に傘を差し掛ける思いやりの行為も房舎施の一つといえるでしょう。

まとめ

金品を施す事ばかりではなく七施は人には優しい心を持って接する。

と言う事の行であり実践です。

人を思いやる心は言葉で言わなくても行動する事で伝わります。

日頃から修養を積む事が自分を高め人を幸せにすることに繋がります。

ホラ!さっき出会った人にも笑顔でご挨拶を。

コロナの時代人の笑顔と優しい言葉は殊の外心に染みます。この冬を笑顔で乗りきりましょう。

龍香天より

この記事を書いた占い師さん

占い師 龍香天

先生からのメッセージ:

あなた様が、お心に抱えたお悩みの因縁因果を解き、龍香天(りゅうかてん)とご一緒にこの世のお幸せを開花結実いたしましょう。お悩みに大小はございません。どのような問題でもためらわず、ご相談ください。あなた様は、この世にお幸せになるために御生まれになられたのです。菩薩の心でお気持ちに寄り添った鑑定をさせていただきます。御仏より賜りました出会いに感謝し、お電話をお待ち申し上げております。

【得意な相談内容】
相性 結婚 離婚 復活愛 略奪愛 不倫 縁結び 縁切り 年の差 遠距離 同性愛 三角関係 前世 金運 仕事 対人関係 家庭問題 子育て 運勢 開運方法 霊障害 パワーストーン ペットの気持ち