夏越の祓は開運のチャンス

開運

こんにちは。電話占いヴェルニの倖々徠です。

6月30日は、夏越の祓(なごしのはらへ)です。あと数日ですね。これは、上半期に自然に心身についた穢(けがれ)を祓い清める儀式です。

神、自然、場所など様々な事象は、時代を問わず開運への道しるべとして大切に扱われてきました。

夏越の祓は、半年間の区切りで見えない罪や穢れを取り去る事を目的とし、ご自身の切り替え、また疫病をふせぎ心身を健康にし、そして次の半年を健やかに過ごす為の大切な神事です。

今回は難しい歴史の部分は飛ばして現代の夏越の祓、また当日行きそびれてしまった場合のアドバイスを中心にまとめています。

■ 大祓「夏越の祓」

大祓

6月の大祓は「夏越の祓」(なごしのはらへ)と呼ばれています。

祓具(はらえぐ) → 菅・麻・茅の輪・切麻など
撫物(なでもの) → 形代(かたしろ)人形(ひとがた)

夏越の祓は、これらで儀式を行い、大祓詞を奏上して人々の声を神々が聞かれて大祓によって清められた罪が川から海へと流れ去り、更には根の国・底の国へと運ばれついには国や民の罪は消滅してしまうという儀式です。

神社では夏越の祓に茅の輪が用意されます。

「茅の輪くぐり」は、民間信仰である蘇民将来の伝承とも考えられており、神社では「大祓」の本質である罪の消滅と素戔嗚尊の蘇民将来伝説とを習合した儀式が執り行われます。

【夏越の祓 式の流れ】

 

・神職による大祓詞奏上(普通の大祓詞とは異なります)
・神職によって参列した人へ撫物と祓具がセットになった物が配布されます

※この部分は神社によって順番が変わる事が多いです

・撫物(なでもの→形代・かたしろ、人形・ひとがた)で体を撫でて罪穢を移しとり
・撫物に息を吹きかけ
・祓具(切麻など)で左、右、左と自身を払い
・撫物(形代・人形)を元の入れ物に入れて

※この時、撫物は自分自身の写しとなります

・神主に戻します
・この後、茅の輪くぐりをします

参列の方の儀式はここでひとまず終了となります。

■ 撫物(人形) の使用方法

撫物(人形)

この後、我々神職は撫物(人形)をどうすると思いますか?

ここから先は神社関係者以外はあまりご縁が無いお話しですが、今日は少しだけ紹介してみましょう。

人形の行方は…

神社の立地や伝統によっても異なるのですが昔ながらの藁の船に入れて河川、海に流します。
(※河川管理者へ事前の許可が必要です)
現代でも二人組で唐櫃(からびつ)入れて、てくてく歩いて流しに行きます。川が境内にある神社は、形代を一枚一枚流す古式に則った神社もあります。

風そよぐ

ならの小川の夕暮れは

みそぎぞ夏の

しるしなりける

有名な神社ですね。

河川が近くない神社は、忌火(いみび)を使用する事があります。
形代に書かれた年齢、名前をすべて読み上げながら火の中に形代を投じる神社もあります。
修験や密教と関係の深い神社は、柴燈護摩が焚かれる事もあります。

このように方法は様々ですが、形代・人形(自分自身の写し)は丁寧に扱われ、みなさまが知らないところで、式は進行し、やがて根の国底の国(まさに異界…)に辿りつき形代に移された罪穢れは消滅していきます。

■「神歌」 茅の輪くぐり

神歌

さて、当日の形代の行事については、その日その場所で行われる事なのでこれを持ち越して行うというのは本義ではありません。ですが、茅の輪くぐりは、当日参拝できなかった方へ茅の輪を残してある神社もあります。

下記は茅の輪くぐりの一般的な方法です。(神社により歌は一首の事もあります)

1、茅の輪の前で一礼し茅の輪をくぐり、左回りで一周し同じ場所に戻る

(この間に下記の神歌を)

水無月の 夏越しの祓 する人は 千歳の命 延ぶというなり

2、茅の輪の前で一礼し茅の輪をくぐり、右回りで一周し同じ場所に戻る

(この間に下記の神歌を)

思ふこと みな尽きねとて 麻の葉を 切りに切りても 祓ひつるかな

3、茅の輪の前で一礼し茅の輪をくぐり、左回りで一周し同じ場所に戻る

(この間はこれを!)

蘇民将来(そみんしょうらい)を数回唱える

年に1度の夏越の祓はこの先の半年の開運する力を高めてくれます。

開運体質を作る!を目標に一緒に頑張って行きましょう!

倖々徠

この記事を書いた占い師さん

占い師 倖々徠

⇒ 倖々徠 先生に鑑定を見てもらう

先生からのメッセージ:

古くからの神社に生まれ、代々神々様にお仕えして参りました。先祖から受け継いだ霊感霊視・透視を主軸に、独自の方法で鑑定を行っております。皆様が大切にされる方との未来や、恋愛、仕事、家庭など、さまざまな問題をお客様に寄り添いながら、丁寧に拝見いたします。高次の導きにより、皆様の大切な人生の問題点を浮き彫りにし、ひとつひとつ順を追って、解決して いきましょう。時に迷い立ち止まる事も、人生の糧になりますが、より貴方様らしい人生を歩むための、1つのアイテムとして鑑定をご利用下さればと存じます。 (~縁結び・祈願祈祷・心願成就~)鑑定時間内での縁結び・祈願祈祷・心願成就は正式な方法で奏上いたします。お気軽にご相談下さい。(朝拝時の祈願と鑑定内の祈願は詳細が異なります)生霊霊障等の鑑定は行っておりません。

【得意な相談内容】
相性 結婚 離婚 復活愛 略奪愛 不倫 縁結び 年の差 遠距離 同性愛 三角関係 前世 金運 仕事 対人関係 家庭問題 子育て 運勢 開運方法 パワーストーン ペットの気持ち