恋愛・復縁・仕事・相性、当たる電話占いと口コミで評判の全国の占い師に通話料無料で相談できる【電話占いヴェルニ】

新規登録で鑑定ポイント1500円分!
電話占いヴェルニTOP 占い特集 【特集】令和を占う!
令和を占う!
平成が終わり、「令和」が始まりました。
文字には力が宿り、対象に影響を及ぼすと言われていますが、「令和」という文字はこの新しい時代にどんな影響をもたらすのでしょうか?
ヴェルニでご活躍されている専属占い師に、「令和」を占ってもらいました。
もし、あなたが受ける影響が気になるなら、ぜひ電話占いをご相談ください!
レナ先生の占う令和を見る
レナ先生
鳴神先生の占う令和を見る
鳴神先生
麝香先生の占う令和を見る
麝香先生
綾華先生の占う令和を見る
綾華先生
ナツ先生の占う令和を見る
ナツ先生
奏先生の占う令和を見る
奏先生
八咫先生の占う令和を見る
八咫先生
緋鞠先生の占う令和を見る
緋鞠先生
魅理亜先生の占う令和を見る
魅理亜先生
杜若流歌先生の占う令和を見る
杜若流歌先生
龍迅先生の占う令和を見る
龍迅先生
櫻清先生の占う令和を見る
櫻清先生
結音先生の占う令和を見る
結音先生
神心先生の占う令和を見る
神心先生
ジュンス先生の占う令和を見る
ジュンス先生
是空先生の占う令和を見る
是空先生
くるみ先生の占う令和を見る
くるみ先生
玲央那先生の占う令和を見る
玲央那先生
来光先生の占う令和を見る
来光先生
明沙先生の占う令和を見る
明沙先生
翔先生の占う令和を見る
翔先生
未羅乃先生の占う令和を見る
未羅乃先生
光幹先生の占う令和を見る
光幹先生
神楽先生の占う令和を見る
神楽先生

レナ先生の占う「令和」
レナ先生の占う令和を見る 新元号「令和」おめでとうございます!

皆様は新しい元号「令和」の発表にどのようなお気持ちを抱かれましたか?
私は皇族、貴族や庶民、老若男女問わず幅広い階層の方達がそれぞれ感じる日常の喜怒哀楽、思いや考え等が書かれた万葉集からの引用は、様々な立場や状況下で生きる全ての国民を尊重する思いが込められているのだと感じました。
日本の新しい時代の幕開けを祝う事が出来て感謝の気持ちでいっぱいです♪

それでは新元号「令和」について語源や言霊という観点から鑑定してまいります。
まず、日本は「言霊の国」なのです。新元号の引用源である日本最古の和歌集「万葉集」に、日本は「言霊の幸はふ国」とあるように、日本語というのは非常に強い「言霊」という霊力をもっているのです。
よって元号が変わるというのはその元号が発する言霊の力が働き、その時代の盛衰を視る、感じ取る事が出来るのです。「令和」の持つ言霊は、漢字自体の持つ意味合いや響きにおいても大変良い元号といえるでしょう。
「令」という文字に「厳しい寒さを乗り越えた後(初春の令月に)美しく咲き始める花」という思いが込められているという事や、人が跪いて神様の言葉を聞くという字そのものの成り立ち。そして「和」は実った稲、調和した音という意味合いから「平和」「和やか」など2つの漢字のどちらをとっても、またその組み合わせや響きも言霊の観点からすると大変良きものと言えるでしょう。

令和の画数は「13画」。13画というのは非常に元気がよく明るいくエネルギッシュな画数です。
また、「令」が陽、「和」が陰なので陰陽の配置においてもバランスが良い元号です。

これからも日本は様々な局面を迎える事でしょう。しかし神様が一体私たちに何を望んでいらっしゃるのだろうか、という事を自ら考え、動くことで、令月に咲く梅の花の様に希望をもって未来を切り開いていく事が出来る事でしょう。

新しい元号「令和」に祝福と幸せな未来への祈りと感謝の気持ちを込めて。
レナ
鳴神先生の占う「令和」
鳴神先生の占う令和を見る 新しい和暦「令和」の時代
さて新しい元号が令和と決まりました。
我が日本国においては元号が変わる事により、確かに時代が変わってまいりました。
この新しい「令和」の時代が、どういう時代となるか占ってみましょう。
・大きな混迷の中に浮かぶ新たなる萌芽
・新時代への礎となる時代
・我が内に光を見る者に有っては尽きせぬ光の時代であるが、我が外に光を求める者に有りては災いの時となる
これが私鳴神の見た「令和」の時代であります。

大きな混迷は、これから始まる苦難を示します。
混迷の中では有りますが、新しい時代を開く者が生まれる時代であり、またその礎となる者の時代でもあるようです。
苦難を乗り越える者とはどういう人物かですが、これは我が内に光を見る者でしょう。
我が内の光とは、社会の内の成功や利得では無く、人間と言う種の光を知り、それを糧に生きようとする者でありましょう。
我が外の光とは、社会情勢や他者による評価や利得を求める事であり、こういう事に命の時間を使ってしまう者は、何者かの奴隷としての命になってしまうと言う事でしょう。
幸福を感じとれる人間で居ようとする事、また、わが身の内の神との対話こそが新たな時代において、最も重要な事だとお考えいただければと思います。

時代を天皇と元号によって創造できると言う民族的な知恵を、私たちがどう生かすか?
それによって、世界全体にも影響を与えられると考えると実に楽しい時代でしょう。
より良き選択を出来る人が増える事が、私たちの人生を幸福にするのです。
そのためにはまずあなた自身が幸せとは何かを知る必要があるのです。
我が内の光をしっかりと観察してみる事から始めてみて下さい。
それが令和の時代における、もっとも重要な事だと私は思います。
麝香先生の占う「令和」
麝香先生の占う令和を見る 新元号、令和が発表されました
5月から令和元年となります

令和の由来は「万葉集」にあやかり日本古来の書記を用いてつけられたと発表がありました
これからの明るい未来に結びつくようにと希望に満ちた意味やメッセ−ジを感じ取ります
人々が生活していく中での幸福感を得られる出来事がたくさんあふれてくる感覚がございます
来年予定されている「東京オリンピック2020」にむけてすでに多方面で動いており、まず人々にもたらすであろう幸福感、国全体に目に見えないパワ−がいい方向に進めていくことであろうと思われます

また令和の由来になった日本最古の歌集「万葉集」には恋愛に関する和歌も多数ございます
日本最古の歌集に記されるようにいつの世も恋愛に関する悩みも多かったようです
人知れず忍ぶ恋であったり、身分の違いから言葉に出せぬ恋であったりと、内容は今も変わらぬ同じ恋の悩みでございます
平成で実らなかった、かなわなかった恋も、令和になり新しい恋の始まりも予感させられそうです

人それぞれいろんな運命があります。令和元年にはリセットされた新しい運命的な出会いが動くことを感じます
今まで後ろ向きでマイナス思考であった方も、令和という新元号に込められた良い方向に動くという希望
それにあやかり新しい前向きな一歩前進してもいいのではないでしょうか?

平等に幸せを手に入れる権利があるのです
人生はいいことばかりでないかもしれないけど、少し欲深くいい意味でのスタ−トで初めて見てはいかがでしょうか
綾華先生の占う「令和」
綾華先生の占う令和を見る ついに発表になりましたね。綺麗なイメージでの年号になりましたね。令和という新たな年号についてどのような流れの時代に入りやすいのか鑑定させていただきました。
まず、私の感覚というものからはかなり、落ち付いた年。自分の目と冷静さ感覚が大事になり周りの人の考えではなく自分の目が大事になるという感覚を得ました。

画数からすると、自分の思いを行動にする事で成功を目指せるというようなかなり強い印象が出ていますね。
タロットで見せていただくと、こちらも考え次第でかなり人々が得るものとあまり変わらないものとが出てくるようですし、勝ち取れるものもかなり強いものがでています。

総合的に見て、どのようなモチベーションでいると良いか見せていただくと、冷静に自分の夢やなりたいものを出来るだけ詳細に意識する事、その努力を惜しまない方に関しては明るい未来に向かっていけるようです。考えられた方々の希望もかなり強くはありますが明るい未来を自分で歩める年号のようです。頑張っていきましょうね。
ナツ先生の占う「令和」
ナツ先生の占う令和を見る 第一テーマ
【新元号における日本と海外の情勢について】
日本はまさに生まれ変わりの時。新しい時代の到来と言えます。
海外は新元号を迎えた日本に対し、新たな希望を抱いているようです。
今、日本が抱えている様々な問題は、人々が行動する事で解決していく事が出来るでしょう。

第二テーマ
【新元号を迎えた日本国民の今後五年間の暮らし向きについて】
1〜2年間:精神的に辛さが目立つ年かもしれません。
2〜3年間:まだ思うようにならない、ままならなさがある年になりそう。
3〜4年間:希望が生まれて来そう。経済的に明るくなってくる年になりそう。
4〜5年間:国民の暮らし向きが安定していき、格差が縮まりそう。

第三テーマ
【新元号における日本の総合的な運勢】
人々の希望が生まれていく。今はまだ格差が大きく、根元的にネガティブさが存在している。将来的には古い体制を脱ぎ捨て、新しい体制が組み上がる可能性が高い。今ではなく、未来に希望が持てる運勢と言えるでしょう。
奏先生の占う「令和」
奏先生の占う令和を見る 『令和』この新しい元号の元、私達は、地球という美しい惑星で地球と、そこに住むもの全体を癒やす道をみつけるのです。そう、みつけたのです。
「我々」と「彼ら」という視点を持たず、そこにはすべての生命を通じて、ただ一ツの意識、互いに愛し尊敬しあえる。『令和』の名の元に、一ツの意識が目覚め、あなたがすべてを思い出し、自分が誰であるかを思い出したら恐れる必要など、どこにもなくなるということを。
この上なくポジティブで美しい体験をなさることでしょう。

感謝を込めて。奏
八咫先生の占う「令和」
八咫先生の占う令和を見る ●令和の時代に感じる印象
令和の時代では序盤はあまり現状変わらず平穏な流れを感じていますが、とても未来の創造と信頼を得るまでのバイタリティの高さを感じます。
快調な感じてはないですが多くの方が信頼出来る未来に繋がって行かれるのではないかと感じます。

●令和元年から22年頃までのエネルギーの流れ
これから令和の時代にかかるエネルギーの流れを八咫流で表現させて頂きます。
令和元年から7、8年まで目立って大きく時代の流れが変わらず現状を推移した形ではないかと感じます。全体的に平穏な時代ではないでしょうか。

アップダウンを感じるのは8〜15年
物事に積極的な取り組みが行われているので9年頃はとても活発なエネルギーがかかります。
活発なエネルギーがかかると反面心労もあるので10年11年心身ともに疲労しやすい年でもあります。9年と13年は近年もっともエネルギーの高まる年ではありますが、全体的に8〜15年はアップダウンが激しいように感じます。

令和の時代の中で16年から現実的に大きな力が働き。「15〜16年で現実に向き合った強い取り組み」その後22年まで連続的に良いエネルギーが流れています。たくましさもユーモアも徐々に膨らみ有益性も高く望ましい時代の流れなっているのではないでしょうか。

●時代の運気
プラスのエネルギーが高い年
7年、9年、13年、☆16年?、17年、18年、19年、20年、21年 、22年

マイナスのエネルギーが高い年
10年、11年、☆16年?
緋鞠先生の占う「令和」
緋鞠先生の占う令和を見る 「令和」、新元号が発表されましたね!!
由来はもう皆様ご存知の通りだと思われますが、日本最古の歌集である万葉集の歌の序文の文字を頂いたようですね。
元号のシステム自体は中国発祥でありますので、これまでは中国古典より出店されていたものが、初めて日本古来の文化を由来しているあたりも興味深いところです。
「令」は上 ( 神様 ) から下々への報せ。天皇が神と言われたご時世もありましたので、日本古来からの天皇制の存続と安定の報せとも受け取れ興味深い。
「令」の持つ意味には、「相手を敬う」があります。緋鞠はここに注目しました。
「和」は過去にもよく使われた文字であり、古の伝承と、漢字の持つ「穏やかさ・円満・手を携える協調」という日本人の美意識が込められているような、そんな思いが伝わるようでまたまた興味深い。

「日本の新時代、お互いを敬い手を携えて心を穏やかに、安定した未来へ向けて発信する。」
新元号から緋鞠が受けたイメージです。
さて、これは実は本当に占い的にも肝なんです!!
ハイ!ここからは、新時代を読む占い要素も出していきますからね〜飽きずに着いてきてくださいね〜☆

今年のトピックは何といっても時代をつかさどる天王星が7年に一度の移動を3月に果たしたこと。
まさに新時代の幕開けなのです!!
もう一つは、木星と海王星がそれぞれ守護星座に位置すること。惑星のエネルギーが一番発揮できるのです。
これは1800年以来の事!1818年には今回と同じように、天皇存命中の皇位継承が行われております。
不思議ですよね〜、これは偶然ではなく必然。
木星は幸運と拡充と繁栄、海王星はワクワクの星です。なにやら「令和」の時代の影のテーマになりそうです!!

天王星は、革新や刷新、今までを一回分解して組み直すようなエネルギーを持つ星です。
支配星座はみずがめ座。留まることなく流れ続ける博愛の星。12星座で生物ではなく静物なのは水瓶だけです。他の星座から見て、理解しずらく捉えどころがなくクールで、瓶だけに受容できる器があります。
不思議と「令」に含まれる相手を敬う(受容する尊重する)性質があるのです。
天王星が今年から7年間留まるのは牡牛座です。
牡牛座は、形あるもの(財産など)の豊穣・安定、食、声・音楽、金融をつかさどります。
つまり、牡牛座的な分野において革新や刷新がある!ということですね。
牡羊座のような自己主張や闘争心といった勢いが穏やかになり、生活の質を上げ安定を求め楽しむような意識変換が「令和」ご時世には進んでいくでしょう。
また、天王星がつかさどるみずがめ座的な要素「知識・個性・こころ・言葉」を大事にする時代であり、新しい表現も次々生まれてくる可能性があります。牡牛座管轄である音楽の新ジャンルが出来るかもしれませんね。
金融システムや金融情勢にも刷新と豊かさと安定が見込めそうです。

「令和」の画数、13は末永い繁栄を現わす大大吉数です!知恵や技術、最先端分野での功績と利益・安定が約束された吉数です。なにやら占星術の分野とワードが被るような。新しい花形の資格や専門職も生まれそうですね。

みんなが自分とお相手の個性を尊重し、優しさで結ばれた、豊かさと新しいキラキラに満ちた新時代!!
「令和」の幕開け、楽しみですね!!
魅理亜先生の占う「令和」
魅理亜先生の占う令和を見る 令和

混沌とした時代の中、
人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つと言う願いが込められた
令和。

占い的に姓名判断すれば13画のとても良い画数で、何やら少し明るい兆しが見えそうな新年号です。
総運、社会運、家庭運、人運が最高値なので、経済やテクノロジー、政治、国として新たに生まれ変わったような感覚で、新しい形の日本になっていくような予感です。

天運も良いのですが、男性中心の社会になった方が安定する運気のようです。

唯一良くないのが外運。
度々、国政に於いて諍いや事件が起きて混乱する事も多いでしょう。

今まで無かったような予想外の殺人事件や
事故、天災、人災、テロ、暴動、未知の感染症の流行、
蔓延する感染症などが予想されますが、
その度に医学や化学で解決するでしょう。

1番心配されるのが、異常気象と天災、地震。
この年号の間に何かしら大きな天災が起きるでしょう。

科学とテクノロジーの進歩で、日本が脚光浴びることも多くなるでしょう。
医学の目覚ましい進歩で過去不治の病だったものが不治の病ではなくなります。

スマートフォンもどんどん形を変えて行き、令和の年号の間に世界はどんどんSFの世界のようになって行くでしょう。

人と人との心の繋がりが、LINEでデジタル化されてしまってから、
人は恋愛の相手の気持ちでさえLINEのメッセージの回数で計るようになってしまいました。
しかしこれからは、人と人との繋がりが心と心の繋がりとして温度を感じられるようになって来そうです。

これからの10年は、今までの常識が覆されるような、そんな新しい時代が訪れるでしょう。

何事も変化を恐れないこと、受け入れること。これは恋愛にも通じます。

皆様の未来が
新年号のスタートと共に
明るく幸せなものでありますように。

魅理亜
杜若流歌先生の占う「令和」
杜若流歌先生の占う令和を見る 令和の意味に込められている、希望に満ち溢れ、新しい時代を切り開き、若い世代が活躍し花を咲かせるようにというお言葉は、まさにそのまま時代に反映されます。

若い世代、そしてこれから生まれくる子供たちは、『クリスタルチルドレン・インディゴチルドレン・レインボーチルドレン』がとても多くなります。

クリスタルチルドレンやインディゴチルドレン、レインボーチルドレンは、人間としての過去世はほぼもたないことで汚れを知らず、天使等の高次元、そして人間の中にある神性や潜在能力の具現化をして生まれてくる子供たちです。
なぜその子供たちが地球に生まれてくるのかというと、地球の温暖化や自然災害が増えてしまっている中、地球のアセンションや浄化、そして癒しのため貢献しにやってくるのです。

それは、地球だけではなく人類も例外ではありません。
クリスタルチルドレン、インディゴチルドレン、レインボーチルドレンたちは、高いスピリチュアル能力を持ち、嘘を嫌い、感受性が高く、豊かな思いやりと無償の愛を持って奉仕をしてくれます。

その目で見つめられると、子供とは思えない全てを見透かされた年齢を超越した賢明さを感じます。
それは生まれながらにして、人類が進むべき道を指し示す使命を持っているからです。

このライトワーカー達は、役に立たない古い制度や教育などを打破し、新時代を作りあげるため戦士のような気質を持っている存在もいます。
学び方や働き方、性別の垣根、結婚の概念等も一気に変わってきそうです。

特にお仕事は、会社に就職をするという形からフリーランスの形態が増え、自分の特技を生かし、個性を大切にする働き方が主流になってきます。
令和はまさに、古いものを捨て、新しいものを受け入れ一気にステージが上がる新時代となるでしょう。

杜若 流歌
龍迅先生の占う「令和」
龍迅先生の占う令和を見る 新しい元号「令和」に決まり新しい時代への幕開けの時がすぐそこに迫って参りました。そして新元号「令和」おめでとうございます。

私は先日、ヴェルニさんからデビューさせて頂く数日前に、今お世話になってます神社の神主さんのご縁で、皇居勤労奉仕に参加させて頂き、天皇皇后両陛下と皇太子殿下の御会釈を賜りました。
そこで私自身が感じたものは、皇太子殿下の天皇陛下になられる御覚悟を間近で感じれました。

政府の発表された「令和」は万葉集からの引用だと聞きました。それは、様々な立場や状況下で生きる全ての国民を尊重する思いが込められているとの事の様です。
私自身の感じる令和は、頭で考えたりと頭脳を使う時代ではなく、一人一人が言葉では伝わらない昔の日本人が当たり前に持っていた思いやりの精神や人との繋がりを感じる時代への幕開けです。
占いの観点からは、姓名判断などの文字の画数から見ると令和の画数は13画です。13画は非常に元気がよく明るいくエネルギッシュな画数です。また「令」が陽、「和」が陰なので陰陽においてもとてもバランスが良い元号だとも考えられます。

次に風水的な運気の流れでは、現在の下元8運(2004〜2023年)は、新しい経営者や新しいビジネスが出来て大きな社会的な流れが大きく変わる20年でした。
2024年〜2043年迄、下元9運に入り運気の流れがまた変わっていきます。9運の「9」と言う数字には、エンジェルナンバー9の意味には『あなたには聖なる使命があります』と言う意味があり、日本において九と言う数字は、宮中(九重と書き)皇居を意味しており、また太陽の事を九陽と書く事もあります。
また九曜は、インド天文学やインド占星術が扱う9つの天体とそれらを神格化した神である。とも書かれています。それだけ9には沢山の意味があると言われています。更に、重陽(ちょうよう)9月9日は菊の節句と言われ江戸時代に定められた五節句(七草粥を食べる人日(じんじつ)1月7日七草の節句 。上巳(じょうし)3月3日桃の節句。端午(たんご)5月5日菖蒲の節句。七夕(しちせき)7月7日七夕(たなばた))の最後の節句とも言われています。

続いて令の漢字の成り立ちから見ていきますと令とは、人がひざまずいて神意を聞く事とあります。
これは、神様の(神の心。神の意志。神慮。)を受け止める事と思います。続いて和の漢字の成り立ちですが、人の声と声が調和する「なごむ」を意味するとあります。

昭和、平成、令和へと時代は流れそれでいて変化と進化を繰り返し
人々がより幸福とは何かを感じ取れ更にそれをそれぞれが選択し共有出来る時代に入るのだと思います。

みなさまにとって、この令和がそれぞれの幸せを感じる始まりになります様にお祈り申し上げます。

ヴェルニ専属鑑定師の龍迅(りゅうじん)
櫻清先生の占う「令和」
櫻清先生の占う令和を見る 元号が平成から令和に変わりどんな世の中になるのでしょうね。
私的には、
なんだかんだ生きやすいや楽しく
は人それぞれ気質や魂のキーワードが
違えば、考え方も感じ方も変わってくると思います。
だからこそ、
前向きに体が動くような占いやキーワード出しが
大好きな櫻清の観点から、
令和に感じるパワーワードやキーワードを
皆様のクオリティーオブライフの向上を目的として、
お伝えして行きたいと思います!

令和を表すキーワードはずばり、
「縁の下の力持ち」

皆様の希望の行動を縁の下から
サポート強化してくれる時代がやってくる
と暗示される力強いワードがでてきました。
それは個々の自由の象徴を表される元号なのではと感じます。
どんどん日本は強く国としても人々を支えるような
トップクラスの実力を発揮していくような動きをしていくので!とも言えますね(*^^*)。

やりたい事を見つけられる、またはなにか探している方には
かなりのパワーワードになり、
生きやすさ、癒しを求める方には
全力のサポートを受けられる世の中であり
それは個人を愛される時代なんだと思います。
自分を愛する事を大事にすれば、
願望成就に繋がるに容易い時代になるでしょう。
平成から流れが出てきだした個々の時代から
さらに個々の思いを大事に動いてくれる
仕事や楽しみが増えていくでしょう。
創造性に欠ける事無く、まず発想を大事にしてみて下さい。
きっと世の中に助けてくれる団体や人々にあたりますよ!

また、
地味ながら大切な役割に注目が当たります。
日本人のもともと持っている
武士は食わねど高楊枝精神を損なわず、
自身のプライドや精神的な価値観を見直し
大事にすることが時代にマッチした
生き方ができるといえましょう。

令和は、
新しい価値観、古風な価値観がいりまじりさらに新しい
時代を作り上げていきます。
自分探しや自分磨きを楽しめる時代は継続していきます!
怖がらず頼る事を恐れず
自身が人生の主役だとゆう事を面白く楽しめるように
時代を進んでいきましょう!

櫻清
結音先生の占う「令和」
結音先生の占う令和を見る 4/1に新元号の「令和」が発表になりました。
柔らかな響きの中にも 凛とした力強さや上品さを感じるとても良い言葉だと思いました。

新元号「令和」の由来は、「万葉集」の梅花の歌からの出典だそうです。
春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる
そうした日本でありたいとの願いを込め、決定されました。

新元号「令和」ですが、「令」という文字が使われるのは、今回が初めてでこれまでの日本の元号は、すべて中国の古典からの由来でした。
しかし今回の「令和」は、初めての日本の古典が由来となりました。
それだけ、この先を担う若者達への期待と強いメッセージも感じられますね。

この新元号「令和」について読み解いていこうと思います。
これからの時代に必要なのは、
「新しく創る」事だと思います。

古(いにしえ)からの風習も大切にしながら、新しい事も積極的に取り入れていくことこそ、日本古来からの雅な心や日本人特有の、気遣いや気持ちの表し方にも繋がっていくと思います。
古い考え方や、自分の価値観だけに固執するのではなく、臨機応変に気持ちや考え方を切り替えていく事こそが 「より良い未来」を創ることにも、繋がっていきます。

5/1の新元号スタートにより、人の気持ちや運気の流れも切り替わっていきます。
古いものを手放し、新しい事を受け入れながら創っていく事が あなたが望む未来にも繋がっていくのです。

新元号「令和」のスタートと共に
「手放す」事と「新しく創る」事を意識し
あなたが望む未来へのスタートとしてくださいね。

☆結音☆
神心先生の占う「令和」
神心先生の占う令和を見る 令には、「さとい」「かしこい」という意味があり、れい=霊、また、レイは光を意味する言葉でもあります。
人々の中にある霊性、光の部分が遺憾なく発揮され、和していく。
ありのままのご自分に還られ、心の中を見つめて本当に大切なものを見つけ、和やかに暮らすことを目指していく人が多くなるのではないでしょうか。
私たちは、魂の片割れを見つけるために、旅しているようなところがあります。
日々霊性を磨いて暮らしながら、悠久の時を経て待ち受ける魂の出会いを果たして和していく、そんな方達も多くなっていかれると思います。

さて、元号という制度を未だ用いているのは日本だけであり、諸外国ではとっくに廃止になってしまったようですが、この度の元号変更は占い的にもとても大きな意味を持ちます。
発表も4月1日の11時ごろという、一見謎なタイミングでしたが、政府にも占師がいて緻密に時期を見て政策を施しているのではと思えたほど、ベストで効果的なタイミングでした。

運勢として、ちょうど世の中が変化しなければならない時を迎えており、本来であれば個人にも否応なく強い影響が起きやすい時期にこのような大々的な元号変更があることは、その変化を経験することで一個人にかかる人生の負荷は軽くなるやもしれず、見えないところで効果のある政策だと思いました。

これからは、価値観や常識の変化、お札も変わりますし、何かにつけて変わっていくと思いますが、それらは全て長い目で見て個人が生きやすくなるための変化になってゆくと思います。
ジュンス先生の占う「令和」
ジュンス先生の占う令和を見る 本来でしたら「令和」という文字が新しい時代にどのような影響を及ぼすのか「姓名判断」による占いの方が適切なのかもしれませんが
「2019年5月1日0時0分日本」
西洋占星術では、以上を令和の誕生日と考えて、令和という時代がいったいどんな運命を背負っているのかを考察します。
なぜなら人は、この世に生まれ落ちた瞬間に宇宙の星たちから金運や恋愛運、仕事運などさまざまなパワーを授かるのですが、企業や国家、時代などの発展性(運命)なども西洋占星術では同じようにその誕生日から導き出すことができるのです。

その中でも今回は、令和における「恋愛と結婚」の傾向を重点的にお話ししますね。

まずは「令和」のホロスコープ(出生図)を見て、真っ先に目がいくのがシニア世代の人たちの活躍です。
医療や予防医学がますます発達するため、身も心も若々しく元気はつらつとした人たちがちまたにあふれます。
「もう恋なんてしない」という楽曲は槇原敬之さんのヒット曲ですが、令和のシニアたちはもっと自由にもっと軽やかに恋を楽しみます。そのため「年の差恋愛」など年齢を気にすることもグッと減るようになります。

また、若い世代では、海外留学や海外勤務などグローバル化がさらに進むため、外国人との恋愛や結婚が身近なものになります。また、社会参画をすることが普通になってもきますので、男女共に晩婚化傾向になります。そしてそれに従って結婚後の出産年齢も高くなり、急ぎのためのデキちゃった婚もますます増えるでしょう。

加えて、いつの時代も「巧言令色」口の上手い男性はいるもので、恋愛詐欺や結婚詐欺などに対しては、これまで以上に慎重になる必要があります。
自立して、自分が自由に使えるお金や財産などを所有している女性が多くなってくるので、それに比例して詐欺師たちも増えていくのです。
恋をするのはすばらしいこと。たとえ今まさに空からお月様が落ちてきたとしても、好きな人と一緒にいられるなら幸せ・・そんなふうに思うかもしれません。でも、それくらい恋に夢中になるあまり、大事なお金の価値が見えなくなってしまわないように、詐欺にはよくよく注意をしてください。

けして盲目的になることなく、知性を働かせて恋をする。
それが令和における最大の幸福な恋愛と結婚になりますから、がんばって下さい。
是空先生の占う「令和」
是空先生の占う令和を見る  令和時代の特徴は、心の対話が進む時代である、ということです。
 内心、心の内で思うことが現実化しやすく、心と心でつながりやすくなります。
 今までの時代以上に、心の交流が進み、想いや感覚を共有しやすくなります。
 この令和時代を大いに生きるためには、心をより豊かに、もっと自分を素直に、そして心を開くことで、とっても生きやすくなります。

 今までは、自分の心の内をなるべく見せないように、周囲に気を使って生きてきた方大勢いらっしゃいました。
 または、心を出すことは、変わった人間扱いされたり、人間関係が難しくなったりしがちな時代でした。
 しかし、令和の時代は、どんどん自分を表現して良い。出して良い。
 出すことで分かりあえて、共鳴しあえて、心で繋がる知人、友人、大切な人間関係が育まれる。
 そういう心で繋がる時代が、これからの時代の特徴です。

 そして、その心の表現、つながりを「実現させる」サービスが主流となるのです。
 それが新しい発明、新時代の成長の礎となってゆきます。
 その点では、心の内を投影した技術であるAIが加速進化することは必然でありますし、「なにをするのか」を悩む時代から、「どうやったら表現できるか」にシフトします。

 生きやすさ=表現しやすさになるのです。
 今までは、生きやすさは、社会的な外見にあらわれていました。
 お金の量、学歴の高さ、勤め先のネームバリュー等、外見で破断できるものばかりで、内なる表現ではなく外なる表現でした。
 それが、新時代では、どういう価値観があるのか、何が好きなのか、どう笑うのか、では、心から笑えて好きなことを実現するには、どういう場所が良いのか、どういう人と繋がるのか、という表現に軸がシフトします。

 そういう意味では、恋愛、結婚、愛、友情、といった心のつながりは、今まで以上に持ちやすくなり、生きやすいものとなるでしょう。
 新時代を納得して生き抜くには、いかにまっすぐ生きるか、素直にあるか、まっさらな感度の良い自分自身のコンディションをもてるか。

 心の純度の勝負であるということ。
 それこそが、努力の方向性であるということ。

 新しい時代は、より優しく、シンクロしやすい時代となるでしょう。
 皆様の幸せとシンクロを、心の豊かさを祈念しております。

是空
くるみ先生の占う「令和」
くるみ先生の占う令和を見る 新元号 令和

おめでとうございます☆
令和という、新時代の元号から、美しく優しく上品な癒しのエネルギーを感じます。

スピリチュアルメッセージからは、地球と自然を愛し、平和で穏やかに愛溢れた時代を歩み、この世に生を受けた人々や動物も自然界も、美しく輝きながら生きる喜びを感じていきましょうとメッセージを受け取りました。

タロットカードからも、自分自身を愛し癒しのエネルギーを受け取る時代と出ています。
心と体を癒やすための良い情報が注目されたり、環境問題の見直しをしていく事で、世界平和に繋がっていく事でしょう。

エンジェルカードからは、Passionというカードからメッセージを受け取りました。
何事も情熱的な気持ちで、心も魂も自分自身が喜ぶ事をしていく事で、夢を叶えていける時代が来たのです☆
今まで自分に無理をして来た人は、本当に望む事や好きな事に気持ちをフォーカスしていきましょう。

フェアリーカードからは、Your Desire is within Reachというカードからメッセージを受け取りました。
自分自身を信じて、思考をポジティブに保ち、望む未来を引き寄せましょう。
欲しいものや、なりたい自分をイメージして、宇宙にオーダーしていきましょう。

令和の時代は、更に自己愛がテーマになり、今まで以上にスピリチュアルな世界も注目されていく予感がしています。
皆様が愛に満たされ夢を叶えていける時代を引き寄せていかれます事を、心よりお祈りさせて頂きます☆

愛と感謝をこめて☆
くるみ

玲央那先生の占う「令和」
玲央那先生の占う令和を見る 「IT革命、ITの進歩」が目覚しかった平成という時代は、同時にそれぞれが「豊かさとは?」を考えさせられた時代だったのではないかと思います。
そして迎える「令和」という時代・・・

今回は占星術を使って読んでみました。
平成という時代に、それぞれが「豊かさ」について向き合わされたからこそ、この「令和」という時代では社会的な変化が起きてくるでしょう。

まさに経済革命、社会的な仕組みの変化の時代になりそうですね。
「令和」という調和の精神の元、日本が世界を先駆けて動いていく事になりそうですね。

そこで鍵となるのが、「これまでの価値観や常識をいかに越えていくか」になりそうです。
これは個人の居心地の良い状態、安心感を得られる状態を作りだすためにです。

そのためにも、それぞれの
「夢見る力」=創造性
を発揮していく必要がありそうです。

それが叶う時代になる、ということでもあります。
これまでの長い歴史上の隷属という社会からの解放へと向かうことになるでしょう。
来光先生の占う「令和」
来光先生の占う令和を見る 5月1日より始まる「令和」という文字が、新しい世代にどのような影響を及ぼすのか。

平成
令和

音にするとレイ(ゼロ)
私はレイ(ゼロ)ワ(輪になって行く)

平成と令和をあわせ、音で読み解くと霊性に平和。なんて素敵なんだろう!

と、思います。
一般的にはこの地球が3次元の物質の世界から5次元の精神性の時代に。それは2012年から進化し続け、これからも続き、いつのまにか物質主義から神霊主義に変化していくのだなぁ。と、日本の年号システムって凄いなぁと改めて感じました。

レイ(ゼロ)もワ(輪)も、どちらも丸ですね。
丸は魂は綺麗な丸を目指していますから、個々が丸になっていく様を表しているようです。
個々が丸(ゼロ)になって大きな丸(輪)になっていく様子を想像すると、なんだか幸せな気持ちになります。

レイ(ゼロ)は個々がゼロポイントは自分の魂の目的に目覚め、自己(ハイヤーセルフ)との繋がりを思い出す場所。

ワ(輪)は国籍も年齢も全部関係なく輪になっていく。そんなイメージがあります。
今日本に住んでいる私達は、最近観光客の方も増え、実際国際的になっていってるのを肌で感じますよね。

個々が自己(ハイヤーセルフ)と繋がるということは!
日本人(男性)は思い遣り遺伝子を持つ国民です。日本(女性)が思い遣りがあるのは、男性が優しいからなんですよね。
この男性の思い遣り遺伝子が発動され、様々な雑念から解放され、人間のあるべき姿を再び思い出し、本当に大切なものは何かを見つめ直し、想像を創造に変えていく。
女性はそんな本当の意味の優しさを受け入れさらに輝きを増す。

そんな新しい時代の幕開けになっていきますね。新しい令和、本当に楽しみです。
明沙先生の占う「令和」
明沙先生の占う令和を見る 皆さんこんにちは、明沙です。

数年ぶりに、年号が「平成」から「令和」に変わりますね。
皆さんにとって平成は、どんな時代だったでしょうか?良くも悪くも、色んな事がある時代でしたが、占い業界的には動物占いなんてのも流行りましたね。皆さんは何の動物でしょうか?私はヒツジです。そんな盛り上がった時代があったのをもうすっかり忘れてました、振り返れば懐かしいです(笑)

さて、この度「令和」の新しい時代を神道的に視てみることにしました。
そもそも元号とは、言葉におる呪術の1つです。呼びやすさ、書きやすさなど様々考慮はされますが、根本は国家安寧、平和の願いを込めた、言霊による呪術に当たります。今回の令和には、どのような思いが言霊で込められたのでしょうか。
まず「令」は、冠を被りひざまづいて、神のお告げを聞く人の姿からつくられました。意味は「よい」です。「和」は軍門の前で盟約をかわして、講和を行う様子から生まれました。争いが止み穏やかな時代になることを象徴するので、「やわらぐ」の意を持ちます。
つまりざっくりには、「神様、令和は争いや困難が減り、心穏やかな良い時代にしてください」といったところでしょうか。
日本は、古くから呪術国家です。大昔から神仏にお力添えを頂きながら、繁栄をしてきました。
令和という時代は、物理的な困難を減らすだけでなく、心の平安をたくさんもたらしてくれる明るい時代になることでしょう。

皆さんにとって、笑顔が絶えない素晴らしい時代になりますように、心からお祈りしております。

合掌 明沙
翔先生の占う「令和」
翔先生の占う令和を見る 新元号が「令和」に決まりました。

万葉集からの出典で、「希望に満ちあふれた、新しい時代を切り開いていく若い世代が活躍できる時代であってほしい。若者がそれぞれの花を咲かせることのできる日本をつくりたい。」「人々が美しく心寄せあう中で文かは花開く」という願いが込められています。

画数や、漢字のもつ意味などから、色々な解釈がされています。
そこで、私は普段の鑑定スタイルにのっとって考えてみたいと思います。

やはり、画数や漢字のもつ意味というよりも、イメージの大切さというのがあると思います。

子供に名付けた場合で考えてみましょう。
両親は、子供がこういう風に成長して欲しいという願いを込めて名付けをするかと思います。
その通りに育つかどうかということに、子供に名前の由来を語るかどうかというので影響があると思います。
「こういう風に育って欲しいと伝えることにより、子供が両親の願いを自覚して、その影響を受けるからこそ、両親の願った子供に育つという部分があるかと思います。

現代社会は、情報化社会でネットで色々な情報を集めることが可能です。
だからこそ、新元号の出典元や込められた願いなどをみんなが認知しやすいですから、よりいっそう込められた願いに近い世界になっていくかと思います。

ここまでお話しさせていただいて、何が言いたいかといいますと、「人々が美しく心寄せあう」という部分がポイントです。
「心寄せあう」という言葉が潜在意識に刷り込まれますから、「人となるべく仲良くしよう」という意識が働きやすくなります。

だからこそ、元号が変わるこのタイミングこそが、好きな人に近づくチャンスとなってきます。
好きな人と話す機会を多くして近付いていってみましょう。
普段よりも仲良くなれる可能性が高くなります。

望む未来を手に入れるためには、いいイメージをしっかりと自分の中に根付かせていくことが大切になります。
新元号とともに幸せな未来を手に入れましょう。

鑑定師 翔
未羅乃先生の占う「令和」
未羅乃先生の占う令和を見る 2019年5月1日より、令和元年の幕開けです。
日本語研究者の金田一秀穂氏によると、「令」は古い意味で「神様のお告げ」を表し、「令和」とは、「新しい1年が始まる冬から春にかけての新鮮で気持ちの良い季節に、皆が仲良く集う」と言う、おめでたい意味があるようです。

「令和」(reiwa)を数秘術で占ってみると、95951となり最終的に合計が11で、マスターナンバーになります。
今までより一層、日本社会で物質的な価値観から、精神的な価値観が求められる時代になるようです。
高価な物を所有する満足渡よりも、人と人との交流などを体験する事による満足渡が重視される社会がやってきます。
もしも、たった一人で大きなお屋敷に住み贅沢な暮らしが実現できても、その人のことを心から大切に思ってくれる彼や彼女、友人や家族などの温かい愛情がなければ、その人は心から満足することは叶わないでしよう。

「令和」では、人の感性が豊かになり、心が弱った人にも共感できる思い遣りのある社会が成長していくことでしょう。
そして、皆が仲良く未来を創造していく時代が始まろうとしています☆
未羅乃
光幹先生の占う「令和」
光幹先生の占う令和を見る 「平成」の時代が終わり、「令和」が始まりました。

「平成」は躍動感、混沌というイメージで、新しいものやシステムが注目された時代でもありました。
また「昭和」の落ち着いた、それでも閉塞感のある時代に積み上げたものを、一気に開花させた感もありました。

新しく始まった「令和」。
「令和」の文字から受ける印象として、【凛としたたたずまい】を感じます。
温故知新や、静かに達成される物事を連想します。

「昭和」「平成」が集団から個への変遷の時代なら、その個への変遷が終わる時代だと思われます。
集団の中にあっての個が、今よりもさらに認められる、そんな時代になる予感がします。

また平成では顕著であった
「周囲から見て幸せ」
という感じも薄れ、
「自分が幸せだから」
というように感じる傾向も、増加していくような気がします。
自分の外側ではなく、内側に幸せを求めることが多くなっていきます(また、そうであってほしいです)。

「令和」の時代。
【凛としたたたずまい】
それは自分の生き方をしっかりと持っている人が、幸せになる時代だといえます。
裏を返せば、自分の幸せがなんであるのか解っていれば、どんな方でも幸せをつかむことができます。

今現在、行く先を見失って苦しい方が、たくさんいらっしゃいます。
どうか希望を捨てずに、新たな「令和」の時代を、一緒に歩いていきましょう!
私たちはいつでも、希望を見つけるお手伝いをしたいと思っています。
神楽先生の占う「令和」
神楽先生の占う令和を見る 《令和》という年の鑑定を占ってみました。
「明治」「大正」「昭和」「平成」「令和」、、、

これらは『元号』または『年号』と呼ばれるもので、アジア東部における紀年法の一種です。
皆さまご存知の「西暦」が無限のシステムであるのに対して「元号」というのは有限のシステムで、今の日本では天皇の即位によって変わります。
占いの世界では、風水や占星術にあるように、「自分がどこで生まれたのか?」「今、自分がどこで生活しているのか?」という“土地”や“場所”によってその地場のエネルギーを多少なりとも受けて生活しているという概念があります。
これを読んでいらっしゃるあなたが“日本に生まれた”または“現在日本で生活している”のであれば、この『元号』という年の節目のエネルギーを受けているということなのです。

例えば、、、
『昭和』という時代のエネルギーをみてみると、“昭”という字は「照り輝いて明らか、(良くも悪くも)はっきりと目立つこと」いわゆる“カリスマ性”。
そして“和”という字は、協調し集まるエネルギー。
つまり、『昭和』という時代は、“カリスマ性を持った人物、もの、場所、企業に、人が集まる”という習性を持ったエネルギーの時代でした。
日本の昭和といえば、エンターテイメントで言うと、美空ひばり、山口百恵、勝新太郎、ビートルズ、マイケルジャクソン、政治・経済でも田中角栄や松下幸之助などカリスマのを持った天才的独創的な『個』を人々が崇めて集まる時代でした。
それに対し『平成』という時代は、“皆が平等に平和に成れるように生きていこう”という時代。
出る杭は打たれ、“天才的な『個』を崇めるより、皆が平均的な生活ができるように、皆がそれぞの個性を持っていてその個性の素晴らしさを理解する事の重要性を問う時代でした。
民営化、男女平等、共働き、ゆとり世代 コンプライアンス、、、
インターネットの普及によってSNS、YouTubeなどで個人の意見を述べる事ができる事でカリスマ性を持たなくても何者でもない『個』が情勢に影響を与える事ができる時代になりました。
「世界に一つだけの花」という歌が流行ったように、個々の人格や在り方、アイデンティティが重要視された時代でしたね。

『昭和』という戦争、産業商業革命を起こしてきた激動の時代を経て、
『平成』という平等に平和に成ってきた今、
『令和』はいったいどのような時代になるのでしょうか?

“令”という字は、根本的な掟(ルール)。
誰かが感情的に決めた独りよがりで独裁的なルールではなく、国が定めた法や人間の本質的、自然の摂理的なルールに人や物事が付いてきます。
昭和の「良くも悪くも目立つ事で脚光を浴びた人に人が集まる」のではなく、
平成の「みんなそれぞれ個性があって平等」
というバラバラな感じでもなく、
「人としての礼節をわきまえた上での“輝き、気品、美しさ”に人が集まる」という時代になるでしょう。
個人も企業も、人間の根本的な道徳心や思いやりを大切にしつつ、清く、気高く、美しく、ある事を求められる時代になりそうですね。

昭和の時代のような独創的なピカピカのカリスマ性を持ち、なおかつ清く気高く美しい人間の本質に沿った人物や企業が注目される時代になるでしょう。

不祥事、失言、嘘、誤魔化しは、いよいよ通用しない時代になります。

この『令和』という時代は、誠実に、正直に、気品のある行動で過ごせるよう心がけましょう。
占い特集一覧に戻る
お問い合わせ
サポートセンター受付時間 AM9:00-翌AM5:00 年中無休
電話占いヴェルニサポートセンター電話番号
当社では、お客様からお預かりしている個人情報を適切にお取り扱いいたします。
日本占いコンテンツ協会